30万円お得な値引き方法

新車 値引き 値引き方法

新車 値引き,値引き 相場,最新情報,トヨタ,口コミ

新車購入で、30万円の値引きを勝ち取るための方法をご紹介します。
家族旅行ができるくらい安く購入できる可能性は十分にあります。

 

まず、
これまでの「値引き」の考え方では、発売直後の新車購入で大きな成果は得られません。

 

 

 

 

では、どうすれば、発売直後の新型車を30万円も安く手にいれることができるのか?


あなたは新車を購入する時、今乗っている愛車を販売店に下取りに出しますよね。

 

あなたのその愛車の正当な「中古車市場価格」が、「ディーラーの下取り」よりも、
「ウーーン」と高いことを知っていますか?

 

 

 

これから順に説明していきますね。

 

ユーザーのほとんどの人が、疑いもなく、愛車をディーラーの下取りに出しますが、
落とし穴があります。一度立ち止まって、よーく考えてみて下さい。

 

ディーラーの下取り額と、「車買取業者の査定額」では大きな開きがあります。

 

 

これが、あまり知られていない落とし穴です。

 

または、知っていても利用価値を知らない落とし穴です。

 

あなたは知っていましたか?

 

どうしてこのようなことになっているのか、少しだけ考えてみればあなたにも簡単に分かります。

 

 

 

それは、

 

中古買取り業者には、競争相手が多数存在しますが、
ディーラーの下取りには、競争相手がほぼ存在しません。

 

なぜなら、私たちユーザーは、いつも顔馴染みの販売店で新車を購入することが多いからです。

 

 

あなたも知っていますよね、一般的に競争相手のいない場合の商品価格は、
その企業が独占して価格を決めるために、商品適正価格ではないことが多いのです。

 

 

馴染みのディーラーの下取りも、「同じ?」とは言いませんが、似たようなところがあります。

 

ディーラーの営業マンは、あなたとの世間話の会話の中で、
この人は、「下取り車の適正価格を知らないな・・・?」と、解った時点で、次に考えることは、

 

 

例えば、
新車の値引きを3万円多くして、下取りを3万円安くすることも簡単にできちゃう・・・
ということ。

ディーラー,営業マン,値引き

 

 

ディーラー営業マンのトークは全て、新車販売を優位にするための
セールストークですから、
あなたの車に対する全ての知識を測っています。

 

 

 

そうなると、そこからはすべてディーラー営業マンのペースで交渉が進んでいきます。
値引きを1、2万円増やして、下取りを思いっきり安くすることもできます。

 

ユーザーは、1万円でも多く値引きしてもらうと、単純に喜んでしまう傾向がありますね。
私もそうです。ただ、そう思われたら、営業マンの思うツボです。

 

 

では、そうならないようにするためには、どうのような方法があるのか?

 

ここからが、本題です。

 

 

解決方法は簡単!

 

ディーラーに行く前に、下取りに出す愛車の、「正当な査定価格」を調べてから
ディーラーに行ったらいいだけです。

 

 

「車買取業者の正当な査定価格」はネットで誰でも簡単に知ることができます。

 

一番人気があるサイトが、
ガリバーなど大手買取り業者10社が、競争入札してくれるサイトです。

 

 ↓ 無料!
かんたん車査定,かんたん値引き

 

 

一番入札価格の高いところをチェックしておいてください。

 

ディーラーも「買取業者の査定価格」はチェックしていますよ。
チェックしたあとで、下取り価格を決めているケースが多いのです。

 

なぜか?

 

 

査定価格より安く下取りした中古車を、買取り業者に売れば、それだけで儲けになりますから。

 

単純ですね、右から左に流すだけで、
少なくとも20万円、多いときは30〜50万円、車種によってはそれ以上の儲けになります。
私たちユーザーが気づかないところで、利益を搾取されています。

 

 

ディーラーは、売れない中古車の在庫を持つようなリスクはとりません。
ですから、下取り車を高く買うようなことは、絶対にしません。

 

 

現在の日本社会は情報化社会ですね。
情報を知らない「情報弱者」が、損をすることを知っておいてください。
チョットした情報でも、ときには、数十万の価値に変化することもあります。
車業界以外でも同じようなことがおきています。

 

 

話を本題に戻しますが、

 

このことはディーラーが悪いということではなく、そのことを知らない私たちユーザーの問題です。
ディーラーだって利益を追求する商売をやっていますから、
私たちユーザーが、自分の利益を守る情報を身に付ける必要があるのです。

 

 

 

ここまでのおさらいです、確認して下さい。

営業マンのセールストークで、あなたの車の知識は丸裸にされている!
ディーラーの下取りは、買取り業者の査定価格から算出されている!
下取りされた車の7〜8割が、買取り業者に売却されている!
下取り価格が、買取り業者の査定価格を上回ることはまずありません。

 

 

 

これは新車購入においての基本ですから、どんな車音痴でも知っておくべきです。

 

 

ついでに知っておいてほしいことは、何年乗った車でも市場価値はあるということ!

 

そして、
「車の本当の市場価値は、車の買取業者にしか分からない」ということ!

 

間違っても、
「十数年乗った車だから二束三文だろう」とか、自分だけの判断はしないで下さい。

 

 

どんな車でも処分するときには、競争入札であなたの愛車の最高額の査定を知って下さい。
不動車、事故車、廃車でも売れます。
ポンコツが数万円か、数十万円に化ける可能性があるのです。

 

 

 

買取業者は海外にも販路を持っていますので、日本車ならどんな車でも欲しいのです。
不動車や事故車なら、使える部品だけでも価値があります。

 

ガリバーだけの査定はこちら。
 ↓
ガリバー

 

 

これまでの例では、
下取り15万円しかつかなかった車に、75万円の査定がついたことが実際にあります。
これまでは、この価格差もディーラーの儲けになっていました。

 

このケースの場合では、この情報を知ることが、60万円の価値になったということです。
このことを知らなかったと考えると、あまりにももったいないですね。

 

オプションどころか、グレードアップできます。

 

 

 

下取りに出した自分の愛車が、
下取りよりも数十万円高い価格で、ディーラーから買取り業者に売られていたら、
あなたはどう思いますか?

 

 

顔馴染みの販売店で、下取りに出さないことで、気まずくなることも考えられますが、
もしそうなった場合は、正直に話した方がいいですね、

 

私の場合は正直に話しました。「下取りよりも買取り額の方が34万円も高いよ」と。
相手も車販売のプロですから解ってくれます。営業マンは新車を売ることが本来の仕事ですから。
そこから下取り交渉になってもいいですね。

 

 

あなたの愛車、今の市場価値は?↓   ↓   ↓
かんたん車査定,かんたん値引き

 

 

「これは値引きではないだろう」と思われるかも知れませんが、
「新車をできるだけ安く手に入れる」という考え方でご紹介しました。