新車を最安値(最大値引き)で購入する秘訣!

新車 値引き,情報,交渉,方法,軽自動車

まだ気づいていない方は他にいませんか?

あなたの新車購入計画に影響するかも!
スピード査定

 

 

値引き方法、3つのポイント!

 

このサイトでは私がホンダフィット購入時の値引き方法についてお伝えしています。
車販売店で店長をしている友人の話も交えて、
あなたの新車購入に使える値引き方法だと思います。

 

と言って特別難しい方法ではありません。
もしかしたらあなたも知っている方法になるかも知れませんね。

 

 

競合させる⇒ メーカー同士、同系列販売店同士

 

まず自分が購入する車が決まったら、その車の同じクラスの競合車を
決めて、メーカーや同系列の販売店で競合させるのです。
(私の場合は、トヨタのアクアやヴィッツなど。)

 

この方法は以前から知られている鉄板の値引き技になります。

 

 

私がホンダのフィットを購入した時の話ですが、
競合車は、トヨタのヴィッツかアクア、マツダのデミオ、日産のノートあたりになります。

 

新車 値引き,情報,交渉,方法,軽自動車

 

この中から2車種、ヴィッツとデミオを競合車として選びました。
競合させる時には先に競合車の方からディーラーに行って見積もりを貰ってきます。

 

本命の車のメーカーで、その見積もりをもとに値引き交渉をするからです。

 

 

同系列競合というのは、同じメーカーでも決済が別になっている販売店です。
決済が別と言っても我々には解りにくいですが、間違いないのは県で違うことです。

 

例えば、「トヨタカローラ」と検索したら、「トヨタカローラ 〇○」と
県名が複合で出てきますので解りやすいですね。

 

 

同じメーカーでも隣の県では決済は違いますから、一度は隣の県の同じメーカーで
見積もりをしてみることをおすすめします。

 

面倒なのでやらない人も多くいますが、1万円でも安く購入したいなら、
やってみる価値はあると思っています。

 

 

最低でも2社で見積りと値引き金額を聞いてみて下さい。

 

このようにして、メーカー同士では競合する「違う車種」、同系列の販売店では「同じ車種」で
競合させますとその車種の限界の値引き額が見えてきます

 

 

 

この値引き額なら購入します。

 

交渉の仕上げとしては、これまで出てきた値引き額から3〜5万円上乗せした金額を出して、
「この値引き額なら今ここでサインします」とあと一押しすること。

 

新車 値引き,情報,交渉,方法,軽自動車

 

これまでの交渉が相手に「本気」であると伝わっていれば、相手ものってきます。
逆に上辺だけの交渉だと思われたら相手はのってきません。

 

 

ディーラーの営業マンも同じような交渉を何度もやってきていますから、
誤魔化そうとしたら見抜かれます。

 

交渉の全てが「新車を本気で購入する」と相手に思われなければいけません。

 

 

 

下取り車の買取り価格を知っておく 【特におすすめ】

 

「新車を安く手に入れる」という意味では、下取りに出す愛車を事前に査定してもらうこと。

 

値引き交渉の後には、下取り交渉をすると思いますが、
「買取り業者の査定の方が高い」ことはよくあります。

 

新車 値引き,情報,交渉,方法,軽自動車

 

「新車販売が専門」のディーラーと、「中古車販売が専門」の買取り業者では、
買取り価格は当然違ってきます。

 

中古車の市場価値を一番解っているのは買取り業者です。

 

また買取り業者の中でもこれだけの違いがあります。
新車 値引き,情報,交渉,方法,軽自動車

 

中古車の査定価格は素人には判断できませんので、
愛車の「市場価値」を知るってことから下取り交渉をして下さい。

 

初心者でも安心して査定できます。、
詳細はこちら!

 

廃車にするという人もいるかも知れませんが念のために査定して下さい。
十数万円になるケースがあります。
廃車査定のカーネクスト

 

 

間違っても、「値引き交渉」と「下取り交渉」は同時にしないで下さい。

 

「値引きを多く」して、その分「下取りを安く」するというテクニックを
ディーラーは使ってきます。

 

そんなテクニックを使わせないためにも、
愛車の買取り価格を知っておくことは必須です。


 

ディーラーの「下取り価格」決定過程の検証!


今更なぜ、「下取り価格」なのかと言いますと、
「下取り価格は決定過程」がアバウトなのです。

何十年も中古車で商売をしている買取り業者は、中古車の「市場価値」を知っています。
新車で商売をしているディーラーよりも、価格設定が高くなります。


私は買取り業者の回し者ではありませんので、
「必ず買取り業者に売らないといけない」ということは言いません。


結論を言えば、下取りと買取りでは平均で20万円位違いがあります。

愛車の査定額はネットで無料で知ることができます。
⇒ 競争入札で愛車の査定価格を知る!


カービュー
⇒ あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。


買取り業者は他社数社との競争原理が働いて適正価格になります。